YouTubeタグの付け方を解説!表示回数を増やす方法【裏ワザ】

YouTubeタグの付け方を解説!表示回数を増やす方法【裏ワザ】

 

YouTubeの動画をアップする際に「タグ」という項目があるけど、何の意味があるのでしょうか?きちんと設定することで、再生回数や収益に影響を与えるものでしょうか?もし、そうなのでしたら、正しい使い方を知りたいです。よろしくお願いします。

 

という疑問にお答えしていきます。

 

今回の記事内容はこちら

・YouTubeタグの役割とは?

・YouTubeのタグを使うメリット

・投稿したYouTube動画にタグを設定する方法

・YouTubeのタグを入れる際の注意点

・他のYouTube動画のタグを自分の動画に活用する方法【裏ワザ】

 

YouTubeにアップロードした動画に
タグをつけることによって、再生回数を増やしやすくなります。

ただし、正しい知識を知らなければ、あなたがせっかく時間をかけて作成した動画がYouTube側からスパム判定にされてしまう可能性があります。

今回の記事で、正しいタグ付けの知識を学び、あなたのYouTube動画に活用して頂ければと思います。

それでは、早速記事をご覧ください。

YouTubeタグの役割とは?

YouTubeタグの役割とは?

 

YouTubeのおけるタグの役割は、
「この動画は●●というカテゴリーですよー」
とYouTubeやGoogleにアピールするためのものです。

 

例えば、アフィリエイト関係の動画として推したい場合は、「アフィリエイト」「アフィリエイトとは」でしたり、筋トレでしたら、「筋トレ」「トレーニング」「運動」など動画の内容に関連するものとして設定します。

 

YouTubeのタグを使うメリット

YouTubeのタグを使うメリット

 

YouTubeのタグを設定して動画のカテゴリーをアピールするメリットは、

  • あなたの動画が再生された時、あなたの動画を関連動画として表示回数を増やす
  • 他の方のYouTube動画が再生された時、あなたの動画を関連動画として表示回数を増やす
  • YouTubeで検索された時の表示回数を増やす

というメリットがあります。

特に関連動画に表示されることは、あなたが運営しているYouTubeチャンネルの再生回数を増やすために重要な項目になりますので、

YouTubeのタグの設定も
重要な要素になります。

この関連動画対策は、YouTubeのタグだけに当てはまる話ではありませんので、他の関連動画対策の知識も学習しましょう。

 

関連動画対策は、YouTubeの関連動画に表示させる4つの設定方法【初心者向け】にまとめていますので、後ほどご覧ください。

 

YouTubeの関連動画に表示させる4つの設定方法【初心者向け】

YouTubeの関連動画に表示させる4つの設定方法【初心者向け】

 

YouTubeのタグを入れる際の注意点

YouTubeのタグを入れる際の注意点

 

過去のノウハウとして、YouTubeのタグを大量に投下するという方法がありましたら、意味のないタグの乱用はスパムになるとYouTubeのヘルプにありますので、やめましょう。

 

注: 動画の説明にタグを過度に追加すると、スパム、欺瞞行為、詐欺の禁止に関するポリシーに違反することになります。詳しくは、効果的なタグと説明を作成するためのヒントをご覧ください。

引用元 YouTubeヘルプ

 

いくつという決まりはありませんので、YouTubeの動画内容に沿うものや関連するものを入力すれば大丈夫です。

 

投稿したYouTube動画にタグを設定する方法

投稿したYouTube動画にタグを設定する方法

 

それでは、YouTube動画のタグを設定する方法を解説していきます。

 

  • ステップ1:YouTubeにアクセスする
  • ステップ2:YouTubeの動画を投稿する
  • ステップ3:動画に関連するタグを入力する

 

この3ステップになります。

順番に解説していきます。

 

ステップ1:YouTubeにアクセスする

ステップ1:YouTubeにアクセスする

→ YouTubeにアクセスする

 

ステップ2:YouTubeの動画を投稿する

ステップ2:YouTubeの動画を投稿する

→ YouTubeに動画をアップロードする

 

ステップ3:動画に関連するタグを入力する

ステップ3:動画に関連するタグを入力する

動画をアップロードしたら、上記の赤枠の部分にタグを入力する項目がありますので、そちらに動画の内容に関連した「タグ」を入力します。

 

補足:上の画像では、漢字とローマ字が一緒に入っていますが、これはミスです。別々にいれるようにして頂ければと思います。

 

タグのポイント1:あなたの動画が再生された時、自分の動画を関連動画として増やす設定

 

設定方法は2つです。

 

  1. 自分のチャンネル名
  2. 自分のチャンネルID

 

こちらの2つを入力します。

自分のチャンネル名は、わかると思いますので、チャンネルIDの確認方法だけ説明します。

方法は簡単です。自分のマイチャンネルにアクセスしてURLを確認します。

 

タグのポイント1:あなたの動画が再生された時、自分の動画を関連動画として増やす設定

https://www.youtube.com/channel/あなたのチャンネルID

 

上記URLの赤文字が、あなたのチャンネルIDになります。

チャンネルIDをコピーしてタグの項目に入力すればOKです。

補足:YouTubeのデフォルト設定で決まって使うタグを登録しておけば、毎回入力する手間を省くことができます。

 

タグのポイント2:他の方のYouTube動画が再生された時、あなたの動画を関連動画として表示回数を増やす

 

タグの役割は、冒頭でも説明しました通り、動画のカテゴリーをGoogleやYouTube側にアピールすることです。

なので、他の方のYouTube動画のタグを、あなたが動画をアップロードした時に入力すれば、その方の動画の内容と関連性があることをYouTube側にアピールし関連動画として表示される可能性が高くなります。

 

関連性のない動画のタグを入力しても意味がないので、ご注意ください。

「じゃあ、どうすれば他YouTube動画のタグを見ることができますか?」

と疑問に感じると思いますので、下記で説明します。

 

【裏ワザ】他のYouTube動画のタグを自分の動画に活用する方法

【裏ワザ】他のYouTube動画のタグを自分の動画に活用する方法

 

他の方のYouTube動画のタグを見る方法は2つあります。

  1. YouTube動画の再生画面で右クリック → ページのソースを表示をクリック
  2. 「Tag for YouTube」をGoogle Chromeに設定する

こちらの2つになります。

 

確認方法1:再生画面で右クリック → ページのソースを表示をクリック

 

YouTube動画の視聴ページで、動画のフレーム以外のところで右クリックをしてください。

右クリックを押して「ページのソースを表示」をクリックすると、動画に使用している「タグ」を見ることができます。

 

確認方法1:再生画面で右クリック → ページのソースを表示をクリック

 

そうすると、動画ページのコードが書かれたページを見ることができます。

 

確認方法1:再生画面で右クリック → ページのソースを表示をクリック

 

多分見づらいので、
画像をクリックして頂ければ良く見れます。

コードが書かれたページで、ページ内検索で「keyword」と入力して2個目の場所にタグが書かれていますので、そちらで見ることができます。

こちらから関連しているタグを入力して動画をアップロードすれば、同じカテゴリーとYouTube側にアピールできますので、関連動画として表示されやすくなります。

しかし、この方法だと面倒くさいですよね?

そこで、Google Chromeの
拡張機能を使うと簡単に調べることができます。

 

確認方法2:「Tag for YouTube」をGoogle Chromeに設定する

 

Tag for YouTubeを使用すると
動画の説明欄に毎回自動で表示されるようになります。

Google ChromeFirefoxで使用することができますので、お使いのブラウザーソフトに合わせて使用してみてください。

→ Tag for YouTube(グーグルクローム用)

→ Tag for YouTube(ファイヤーフォックス用)

今回はGoogle Chromeでご説明します。

 

Tag for YouTubeの導入方法

 

Tag for YouTube(グーグルクローム用)をクリックすると、下記のような画面になりますので、赤枠の「追加」をクリックしてください。

Tag for YouTubeの導入方法

 

拡張機能を追加をクリックすれば完了です。

 

 

それでは、さっそく何か動画を見てみます。
今回はジャズミュージックの動画を見てみました。

そのまま説明欄の最下部を見てみると

このように表示されます。

Tag for YouTubeを使って、
あなたのYouTube動画を成長させるために
他の方の動画タグをリサーチしてみましょう。

→ Tag for YouTube(グーグルクローム用)

→ Tag for YouTube(ファイヤーフォックス用)

 

YouTubeタグの付け方のまとめ

YouTubeタグの付け方のまとめ

 

今回の記事のまとめです。

 

記事内容のまとめ
  • YouTubeのタグはカテゴリー分けのために使用する
  • タグを活用することで、自分や他人の動画に関連動画に表示されやすくなる
  • 動画に関連しないものや大量のタグの使用はスパムになる
  • 他の方のタグを調べる際は、Tag for YouTubeがオススメ

 

以上になります。

 

タグの設定は、あなたがYouTubeチャンネルを育てていく上で大事な要素の一つとなりますので、初期の段階からしっかり入れるようにしましょう。

 

また、タグもそうですが関連動画の対策は、タグ以外にも大事なポイントはあります。

もっとYouTubeの再生回数を増やして収入を得たい場合は、関連動画対策は重要になりますので、YouTubeの関連動画に表示させる4つの設定方法【初心者向け】をご覧ください。

YouTubeの関連動画に表示させる4つの設定方法【初心者向け】

 

 

これからYouTubeを始める方は、【初心者】YouTubeの始め方:知識・ツール・撮影機材の紹介の記事をご覧頂ければ、すぐに始めるためのステップがわかります。

【初心者】YouTubeの始め方:知識・ツール・撮影機材の紹介

 

それでは、今回の記事が参考になれば幸いです。

引き続きよろしくお願い致します。

 

スポンサーサードサーチ
スポンサーサードサーチ
YouTubeタグの付け方を解説!表示回数を増やす方法【裏ワザ】

今回の記事がお役に立ちましたら応援シェアして頂けると嬉しいです。今後も良いコンテンツを作れるように頑張りますのでよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA