【初心者向け】オンライン講座のやり方を解説!【無料でも可能】

【初心者向け】オンライン講座のやり方を解説!【無料でも可能】

このブログは、他人の人生を生きるのではなく「自分にとっての理想の人生」を手に入れることを目的とした情報を配信しております。このブログの理念はこちら

こんにちは、佐藤です。

今日のテーマは、【オンライン講座のやり方】について解説していきます。

もし、あなたが、

コロナウィルスの件もあるから、収入をあげるためにオンライン講座の活動も取り組まないといけないことはわかっているけど、どんな風に進めればいいのか、やり方が分からないし、不安。

こういった悩みをお持ちでしたら、今回の記事は役に立ちますので、ぜひ最後までください。

オンライン講座のやり方について全体像を解説

オンライン講座のやり方について全体像を解説

オンライン講座のやり方について、全体像から解説します。

ツールを使ったり、会員サイトを使ったり、いろんなやり方がありますが、結局のところ、この3つをネットでできるようにすればいいだけです。

1:オンライン講義の日程を組む

グループLINEやメールフォーム等を用意して、お客様と日程をあわせましょう。

または、予め販売ページやお知らせに日程等を記載しておいてもいいです。

ようは、お客様に講義を届ける日や話す日程を最初に決めておくことが重要です。(マンツーマンか、少人数か、大人数なのか?で方法は変わるので、あなたの目的に合わせて柔軟に対応してください。)

2:お客様の現状の悩みをヒアリングする

大事なことは、お客様の悩みや得たい結果をヒアリングすることです。直接お話した時でもいいですし、事前にオンラインでアンケートを取っておくのもいいです。

自分の恋人や友人が、今、何で悩んでいて、どの方向に進みたいのか分からなければ、アドバイスしようがないですよね?

自分の知識を押し付けるのではなく、お客様が進みたい方向に進むお手伝いをするために、しっかり現状の悩みを得たい結果をヒアリングしましょう。

3:悩みに対する解決策を伝える

ヒアリングが完了したら、相手が得たい結果を手に入れるためには、どうすればいいのか?

  • 具体的なステップは、何なのか?
  • 今すぐやるべきことは、何なのか?

こちらをしっかり伝えてあげましょう。

この3つが基本のやり方になります。

それでは、この3つをインターネットを使って行うために抑えるべきポイントや便利なツールをご紹介していきます。

オンライン講座を開く上で抑えるポイント

オンライン講座を開く上で抑えるポイント

オンライン講座を開く上でのポイントを4つお伝えしていきます。

シンプルに作る

インターネットに苦手意識を感じている方に多いのですが、難しく考えすぎです。

お客様は、自分の悩みが解決すれば、方法は何でもいいと覚えておきましょう。

なので、できるだけあなた自身が疲れないようにシンプルに作ることが大事です。

これから始める方でしたら、

  • 通話ソフト
  • パソコン
  • スマートフォン
  • メールフォーム

があれば、マンツーマンのオンライン講義でしたら、すぐにスタートできますので、まずはここから始めてみたり、友達とネット通話をしていくと慣れます。

今の時期でしたら、オンライン飲み会などもいい練習になるので、そこから練習していきましょう。

オンライン講座の作り方は、【オンライン講座の作り方】初心者でも簡単に作れる3つのステップの記事でも詳しく解説しています。

固定費を抑える

これからビジネスやインターネットで仕事を始める時に大事なことは、固定費を抑えることです。

結局のところ、収入が支出を上回る状態でしたら、私達は生きていけますし、チャンスをいくらでも見つけることができます。

最初からあまり大きな固定費を使わないようにして、基礎知識の勉強や経験にお金を回すようにしましょう。

ちなみに固定費を減らす方法として、一番早いのが通信費です。この方法は【スマホ代が実質タダ!】格安SIMに乗り換えて年間12万円も節約し収入をあげる方法で紹介していますので、年間で12万円の収入アップ効果を手に入れたいのでしたらチェックしておきましょう。

ネット集客の仕組みを作る

オンライン講座は、主にネットでの集客・販売がメインとなります。なので、ネット集客の仕組みを知っておくことが大事です。ここでは、全体像をお話します。

ネット集客の全体像は、

  1. 集客
  2. 教育
  3. 販売

3つになります。

この3つを軸として覚えておきましょう。では、手段はどういったのがあるのか?

  • 集客:ブログSEO、広告、YouTube、ココナラなどのプラットフォームを活用(オフラインなら口コミ等)
  • 教育:メールマガジン、LINEでの配信、YouTube動画
  • 販売:セールス、コピーライティング、Zoomを使ったセールス

になります。

どれにも知識が必要ですし、直ぐに結果が得られるかどうかは、その人の知識レベルや状況でも変わります。

初心者でも、すぐにできることは、

無料個別相談を始める  ブログやSNSで告知する  オンライン講座の案内する

になります。

この流れが分からない場合は、まだ知識不足の可能性が高いので、私のメールマガジンに登録していただき、アンケートに現状の悩みと解決したいことを【具体的】に書いて教えてください。

通話や接続の安定しているソフト・サービスを使用する

オンライン講座では、ネットのサービスで電話やビデオ通話をします。

だいたいよく使われるのは、

  • グループLINE
  • スカイプ
  • Zoom
  • チャットワーク

辺りが、主流で使いやすいです。

今日は、その中で特に使いやすく、最近話題になっているZoomをおすすめとしてご紹介します。

Zoom(ズーム)を使えば、初心者でも簡単にオンライン講座を開始できる

Zoom(ズーム)を使えば、初心者でも簡単にオンライン講座を開始できる

なぜ?数あるツールの中で、Zoom(ズーム)を紹介するのか?

3つの理由をお話します。

理由1:初心者でも簡単

一番の理由は、お客様にアカウント作ってもらう手間がないからです。

あなたがオンライン講座を開催した場合、
ズームで作成した専用URLをお客様に送信します。

あとは、お客様がURLをクリックしてくれるだけで、すぐにお話できるようになります。

とても簡単ですね。

アカウントを作成させる手間というのは、
案外面倒くさいとお客様は感じます。

しかし、ズームだと、
この過程がなくなりますので
お客様も楽になります。

今、現在これができるのは
ズームだけになります。

理由2:ほぼ全て無料で利用が可能

ズームには、月額2000円程度の有料版がありますが、ほとんど無料でも仕事に使えます。

有料版と無料版の違いを説明します。

  • 無料版 人数:50名様まで 一回のミーティングの使用時間:40
  • 有料版(月額2000) 人数100名様まで 一回のミーティング時間:無制限

詳しくはこちらの公式サイトの価格表をご覧ください。

つまり、無料だと、マンツーマン以外は、40分で切れてしまうので、またお客様を招待しないといけないということです。

有料だと、この手間が省けます。

なので、これから始める場合は、まず無料版からスタートして、必要だと感じた時に有料版に切り替えれば十分です。

理由3:回線が安定している

少し想像してみてください。あなたが恋人や友人と大事な話をしている時に、回線が悪かったり、相手の声が聞こえなかったら、相手が悪いわけでもないのに、イライラしてしまいませんか?

これがお客様の場合でしたら、特に煩わしく感じると思います。

ズームは無料でも、多くのビジネスマン、起業家の間でも人気で、私自身も使っていますが、ほとんどストレスを感じることなく、ビデオ通話でも安定していますので、安心して利用しやすいと思います。

以上、この3つの理由から、これからオンライン講座をやる場合は、ズームを使うことをおすすめします。

Zoomの無料アカウント作成はこちらから

まとめ:売れるオンライン講座の作り方

まとめ:売れるオンライン講座の作り方

最後にまとめます。

オンライン講座をやる時は、
以下の3つのステップです。

  1. 日程を決める(決めておく)
  2. お客様の現状の悩みと得たい結果をヒアリングする
  3. 悩みを解決する話、オンラインコンテンツを配る

そして、これから始める場合は、

無料相談からスタートして、そこからオンライン講座に案内する流れが、一番早く結果が出る可能性があります。

また、その際に使うソフトはZoom(ズーム)がおすすめです。

という話でした、

あなたの目的や現状によって、やり方も方法も色々変わりますが、上記の内容を軸に考えれば大きくズレることはありませんので、ぜひ始めてみてください。

また、もっと詳しく知りたい、きちんと勉強したい。という方は、オンラインプレナー養成講座の無料プレ講義を開催していますので興味がありましたら、ご登録ください。

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

引き続きよろしくお願い致します。

 

スポンサーサードサーチ
スポンサーサードサーチ
【初心者向け】オンライン講座のやり方を解説!【無料でも可能】

今回の記事がお役に立ちましたら応援シェアして頂けると嬉しいです。今後も良いコンテンツを作れるように頑張りますのでよろしくお願い致します。

今回の記事の感想を下記のコメント欄に残していただけると嬉しいです!