セールスレターの書き方と構成を解説【テンプレート付き】

セールスレター
セールスレターって何を使って書くのですか?
検索してもセールスレターを書くためのテクニックや概要しか出てこらず、困っています。ワードを使って書くのですか?一連の流れを説明してもらえると助かります。

という悩みにお答えしていきます。

今回の記事のポイント
  • セールスレターの構成とテンプレートがわかる
  • どんなソフトやツールを使って書けばいいのか分かる
  • 自分自身や他のサービスの販売ページを作り収入アップにつながる

それでは、早速解説していきます。

セールスレターの構成

セールスレターは大きく分けると
3つのパーツに分かれると言われています。

  • キャッチコピー
  • ボディーコピー
  • クロージングコピー

3つの中にそれぞれの要素がありますので、
そちらは記事の下で解説していきます。

セールスレターって聞くと
難しく感じると思います。

実際、簡単ではありませんが
そこまで構える必要もありません。

個人的な印象ですが
小説の方が難しいと思いますし
セールスレターはプラモデルと
同じだと思っています。

セールスレターには法則がありますので
その法則と沿って必要な言葉を
いれていけば形になるからです。

もちろん知らなければ書くことは出来ませんので、最後にリサーチの方法について書きますが、ここでお伝えしたいのは、そこまで構える必要はないということです。

何事も実践ありきですので、これから解説していくパーツに沿ってあなたの商品や他の方の商品を売るための言葉をいれて作っていきましょう。

セールスレターを書く時に使う道具

セールスレターは書く際は

Windowsでしたらワードのソフト
Macのページズ
メモ帳、Googleドキュメント
エバーノートなど、

文章さえ書ければ
あなたが使いやすいツールで
良いと思います。

私の場合ですが、文字の大きさや
装飾やフォントのイメージもありますので
Macのページズを主に使っています。

そして出来上がった文章は

  • ブログ
  • ワードプレス

で公開すれば大丈夫です。

HTML形式でも出来ますが
コーディングやデザイン費用など
かかりますし、

個人の場合だとハードルが高く感じてしまい
肝心の商品販売にまで至ることが少ないです。

WordPressの有料のテーマを使えば
十分に綺麗なセールスレターサイトを
作成できますので、後ほどご紹介します。

WordPressの始め方は
こちらの記事に記載しておきますので
一度ご覧になってみてください。

初心者からのブログの始め方【今日中に作成可能】

それでは、セールスレターの
各パーツについて解説していきます。

キャッチコピー

セールスレターでも
重要なパーツとされる
キャッチコピーについて解説します。

キャッチコピー

キャッチコピーは
セールスレターにおいて最も重要な部分です。

なぜなら、キャッチコピーの良し悪しで
その後の文章が読まれるか、読まれないか決まるからです。

具体例を挙げますと、
このブログ記事を読まれているあなたは
セールスレターの構成や作り方が
知りたいはずです。

簡単にキャッチコピーを作るとしたら、

24時間放ったらかしでも
売上が右肩上がりのセールスレターを
わずか1時間で書き上げられる

秘密のセールスレターテンプレートを
無料で公開!

というキャッチコピーでしたら、
少なからず興味は湧くと思います。

もし、これが

セールスレターのテクニックを教えます。

だけのキャッチコピーでは、
読まれるかもしれませんが
ちょっと弱いですよね。

では、どうすれば見込み客が
「これは私のための内容!」
と思ってもらえるキャッチコピーを作れるのか?

こちらにまとめましたのでご覧ください。

失敗しないキャッチコピーの作り方【初心者向けのテンプレート付き】

ボディーコピー

キャッチコピーのパーツを書いたら
次はボディーコピーになります。

ボディーコピーも色んな要素で構成されていますが、分解すると以下パーツに分かれていることが多いです。順番に解説していきます。

問題の明確化(恐怖と痛み)

まずは問題を明確化して、ターゲットの恐怖と不安をあおってあげる必要があります。

なぜなら、人は得られる利益よりも失う恐怖の方が強いので恐怖や不安をあおると不安になり、そのままセールスレターを読んでもらう可能性が上がるからです。(プロスペクト理論と言います。)

例えば

  • この問題を解決しないままリストラされたらどうしますか?
  • 会社の同僚に地位も給料も差をつけられた状態で人生満足できますか?
  • 今年のクリスマスも1人で過ごすことになりかねませんよ?
  • 今の食生活を続けると病気になって家族に迷惑をかける可能性がありますよ?

とターゲットの抱える問題を書き出して、恐怖や悩み不安をあおってあげてセールスレターを真剣に読んでもらうモチベーションをあげさせることが大事です。

恐怖と不安をあおったら、次のパーツを書き出していきます。

欲求の明確化(問題が解決した後のベネフィット)

次に問題が解決した後に起こる未来を文章で伝えてあげます。

恐怖と不安をあおって、さらに読み手の興味を惹きつけるために必要だからです。

「この問題を解決したら、あなたが手に入れたかった結果が手に入りますよ。」

と欲望と願望が叶うということを伝えていきます。

例えば

  • 今まで着れなかった水着が着れるようになり自信がつく
  • 友達や家族、恋人に会う度に「また可愛くなってない?」と褒めちぎられる
  • 会社員の給料とは別の収入が入り、生活がかなり楽になる
  • いつでも、どこでも仕事が出来るので旅行を楽しみながらお金を稼げます。

となります。

あなたの商品でお客さんが手に入れることが出来るメリットを、このパートでは伝えます。

次に信用性を高めるために、販売会社やあなた自身の自己紹介をいれます。

自己紹介

セールスレターでは、しっかりあなたが何者なのか?「自己紹介」を書きましょう。

なぜなら、読み手は常に疑っているからです。「本当にあなたは私の問題を解決出来る人なのか?」と探っていますので、しっかりあなたの経歴を書いていきましょう。

具体的には、

  • 名前
  • 出身地
  • 生年月日
  • 肩書と経歴

は、最低限入れるようにしましょう。

物語(ストーリー)

プロフィールのパーツを埋めたら、次に商品開発のストーリーをいれていきます。

なぜなら、人は物語が大好きだからです。恋愛の馴れ初めとか恋バナとかでは鉄板のネタですよね?笑

ちなみにタイタニックなどの人気のある映画は、毎回ワンパターンなストーリーです。

どのような話の流れで商品を販売することになったのか?しっかり書いていきましょう。

具体的には

  1. どん底(商品開発前)の人生
  2. チャレンジ、そして失敗の連続
  3. 成功のきっかけ
  4. 成功の連続
  5. 感動的なエンディング

になります。

この話の中で、証拠の提示とお客さまの声のパーツを入れていきます。

証拠の提示

セールスレターでも、対面のセールストークでもそうですが、証拠はとても大事です。

なぜなら証拠を提示してもらえなければ、読みてから信用してもらえないからです。

具体的には

  • 稼いでいる実績
  • ダイエットのビフォーアフター
  • 商品なら実演動画
  • 専門家の推薦
  • 雑誌やメディアの実績


など、疑いようがない証拠をお伝えして、読み手に信用してもらえるように出来る限り、たくさんの証拠を提示してください。

ストーリーの中でしたら、3番と4番目の成功のキッカケと成功の連続の話の中で使いましょう。

お客さまの声

今回紹介している要素は、セールスレターを書く上で全て重要ですが、お客さまの声は特に重要です。

なぜなら、いくら証拠を提示しても読み手は「あなただけが上手くいったんでしょ?」と思われるからです。その疑問をなくすためにお客様の声でさらに信用性をあげる必要があります。

あなたは商品をAmazonなどで購入する時もレビューはほぼ確実にご覧になると思います。それと同じです。

具体的に、どのようなお客さまの声がいいのか?と思われると思いますが「サクラじゃないの?」「スタッフとかアルバイトが書いたんじゃないの?」と思われないために出来る限りの情報をもらって書いてください。

  • 顔写真
  • 名前
  • 年齢
  • 性別

さらにできれば

  • 手書きでもらう
  • 住所をもらう

までしてください。

可能な限りで大丈夫です。

そして、お客さまの声も先程ご紹介した物語の要素を使って書いてもらいましょう。最低でも「商品を手に入れる前」と「商品を手に入れた後」のビフォーアフターはもらうようにしてください。

商品説明

セールスレターなので、どのような商品なのか書きましょう。

  • 媒体(PDF・DVD・セミナーなど)
  • ノウハウの簡単な説明(商品の特徴)
  • 結果がでるまでに必要な時間や労力
  • ノウハウを実践した後に待っている人生

の4つは入れるようにしてください。

セミナーでしたら日時や場所などの詳細情報、レポートや本などでしたらページ数などの詳細情報など詳しく書いてください。

また、ここで商品のイメージ画像(表紙など)やカメラとかのモノでしたら写真なども出来るだけ入れるようにしてください。

ボレット

商品説明で大まかな説明をしたら補足説明で商品のメリットを箇条書きにしたボレットを書きます。

なぜなら、商品の説明を読んだあと読み手は「もっと商品の内容を知りたい!」と思うからです。ここで読み手の購買意欲をもっと刺激してあげてください。

具体的には

  • 腸内環境とうつ病の密接な関係を詳しく説明
  • 1日5分の運動でシックスパックの腹筋を手に入れた秘密
  • 既読無視の状態から30日で付き合えるようになったLINEトークの事例
  • 1日2時間の作業で会社の給料以上の副収入を手に入れた方法

などです。

語尾に「方法」「秘密」「解説」などの単語を入れれば文章が締まります。

商品を手に入れることで得られるメリットを出来る限りたくさん書いて読み手の購買意欲を刺激しましょう。ここまでがボディーコピーの要素になります。

続いてクロージングコピーのパートになります。

クロージングコピー

商品に興味をもった読み手に最後の決断を促すパーツになります。

金額と理由

「この商品いいなー」と思った読み手が気になってくるのが価格になります。

金額は基本的に自由ですが、大事なポイントは「なぜ、その金額なのか?」という理由です。

なぜなら人は「損もしたくないし、その金額を払うことに納得したいからです」

また出来るだけ「お得に購入したい!」というのが消費者の心理ですので、価格にお得感が出るようにしっかり理由を記載していきましょう。

具体的には

「今回のダイエットノウハウの価格は9800円です。私は過去にダイエットのために国内や海外のサプリメント、本などの勉強代、ジムの入会費なども含めると10万円以上使ってきました。

しかし、どれもうまくいきませんでした。そうやって四苦八苦しながらやっと見つけたダイエットメソッドなので本音は10万円を頂きたいです。

しかし、昔の私と同じように痩せれなくて周りから白い目で見られて、恥ずかしい想いをしながら頑張っているけど、どうしたらダイエットに成功出来るのか分からない。。。

と悩んでいるあなたに、これ以上無駄なお金を使って欲しくありません。ですので、今回はジムの入会費より安いこの金額にしました。」

などです。

金額を伝える際には、なぜ、その金額なのか?という理由を必ず抑えるようにしてください。

特典

セールスレターには特典という出来る限り追加してください。

人は金額を提示した瞬間に冷静になります。

  • 「今月のローンの支払い」
  • 「買いたい洋服もあるしなー」

と色々考え出します。

特典は読み手にさらなる購買意欲を引き出しますのでつけない理由はありません。販売する商品に関連する特典をつけて100点の商品が120点になるようにしましょう。

特典の書き方は色々ありますが、一番強いのは【タダ】【無料】【ボーナス】などです。割引とか50%オフとかよりも人は【無料】に弱いので特典は全て無料にして、なおかつ特典だけでも欲しくなる内容をつけるように考えましょう。

例えば、運動系のダイエットの商品なら

  • 国内・海外の約30種類のサプリの中から厳選したインストラクターだけが使っている栄養サプリのレポート
  • 旅行先やホテルでも手軽に出来る自重トレーニングのメニュー
  • 飲むだけでダイエットになる腸内洗浄サプリを参加者限定でプレゼント

などです。

特典をつけることでセールスレターの成約率は上がりますので、お客さまの悩みを早く解決出来るような魅力的な特典を考えて追加してあげましょう。

保証

セールスレターには保証をいれるようにしてください。

どれだけお得感を感じても、どれだけ欲しいと思っても人は「失敗したくないからです」人は利益よりも失うことの方に恐怖を感じるので、成功することよりも失敗したくない方を選ぶのです。

なので、読み手のリスクを完全に取り払うために保証をいれてあげましょう。

保証と言っても色々なパターンがありますが代表的な例を挙げると

  • 結果がでなければ全額返金
  • 30日以内なら全額返金
  • 結果が出るまで無料でサポート

あなたが扱う商品によって保証の内容は変わりますが、基本的にはお金かアフターサポートになると思います。

保証内容を追加することで、商品に対して自信があることを伝えられますし何より読み手が購入することへの負担をほぼ無くすことができます。

保証をいれてあげて読み手にリスクがないことを強調して伝えてあげましょう。

限定性

セールスレターには、何かしらの限定性をいれるようにしてください。

なぜなら、人はすぐに「買わない理由を探す」生き物ですし、すぐに忘れるからです。セールスレターを読んでいる途中でも宅急便がきたら「後で読もう」と思っても忘れてしまうケースはザラにあります。

セールスレターは読んだその時に購入まで読み手を行動させる必要があります。その行動の先延ばしを防ぐために限定性をいれてあげます。

具体的には

  • 「この商品は3日間だけの限定販売になります。」
  • 「この特典を手に入れることがが出来るのは先着10名様のみです。」

と書きます。そして限定には理由もセットで文章を書きましょう。

例えば

  • 「この商品は100名様限定となります。なぜならそれ以上参加人数が増えると室の高いサポートが出来なくなる恐れがあるからです。」
  • 「年末セール限定の商品ですので、このお値段での購入は先着30名様となります。」

などです。

限定性は以下の7つから選んで使って頂ければ様々なケースに対応出来ると思います。 

  1. 人数の限定(先着〇名限定)
  2. 数量の限定(先着〇個限定)
  3. 時間の限定(12時~18時限定)
  4. 日数の限定(3日間限定)
  5. 曜日の限定(日曜日限定)
  6. 客層の限定(男性客限定)
  7. 条件の限定(3000円以上ご購入の方限定)

ちなみにメインの商品に限定するとずっと販売出来ません。という意見もあると思いますが、その場合は特典に限定性をつけるといいです。または季節ごとにキャンペーンをやるなど工夫出来ること考えてみましょう。

また、中上級者向けですが「カウントダウンタイマー」というツールを使えば、ユーザーごとに時間と日数の限定性をいれることができますので有効です。

カウントダウンタイマーは後に紹介するセールスレター作成専用のWordPressテーマを使えばプログラムを書けない初心者でも簡単に取り入れることができます。

申し込み

最後にお申し込みです。お申込みには「購入ボタン」「複数の決済方法」を用意してあげましょう。

決済方法が1つしかなければ売上は、ほぼ確実に落ちるからです。銀行振込しかない場合とクレジットカードと銀行振り込みの2つを用意している場合では、成約率に2倍の差がついたというデータもあります。

特にネットショッピングでクレジットカード決済がないことは致命的ですので、必ずクレジットカード決済を用意してあげましょう。

PayPal(ペイパル)を使えば個人でも無料でクレジットカード決済のシステムを用意できます。

お申込みのところで用意すべき要素をまとめます。

  • 注文方法と営業時間を記載する
  • 複数の決済方法を用意する
  • メールや電話等の連絡先を強調する
  • 今すぐ連絡(ご購入)してください。と促す

最後までしっかり書かなかっただけで成約率が落ちることは、ザラにありますのでしっかり伝えてあげて読み手の行動を促してください。

追伸

追伸はセールスレターで、重要なパーツですので必ず書きましょう。

なぜなら、読み手はセールスレターをまずしっかり読まないからです。

コピーライティングの世界のこういった言葉があります。

  1. お客さまは100%読まない
  2. お客さまは100%信じない
  3. お客さまは100%行動しない

セールスレターは、この3つの内容に対してどれだけ考え抜くか?と言ってもいいくらいです。

  • 読まない→読ませるためには?(ターゲットとキャッチコピーを見直そう)
  • 信じない→信じてもらうためには?(もっとお客さまの声を増やそう)
  • 行動しない→行動してもらうには?(限定性をいれよう)

という考え方をしなければいけないからです。

なので読み手は読んでいないという前提で追伸のパーツを書く必要があります。

具体的には、こちらの要素をいれましょう。

追伸1

  • 得られる結果
  • 商品説明
  • 購入方法

追伸2

  • 特典
  • 保証
  • 限定性について

これをもう一回違う言い方で書いて伝えましょう。

「面倒くさいですし、しつこくなりませんか?」という意見がありそうですが、まず読んでいないことを前提に考えるなければいけないのと、もう一回読んでいる方の購買意欲を引き出すことが目的です。

追試の内容だけでも話の内容がわかって欲しくなるように書くことを意識してください。

そして、追伸を書いたら最後にもう一度
購入ボタンを用意しておいてください。

サンクスページ

サンクスページとは申込みが終わった後に表示されるページのことです。

こちらも必ず用意するようにしてください。

なぜならお客さまは「申し込みが終わった瞬間に冷静になる」からです。

特に銀行振り込みの場合はまだ入金しておりませんので、そのまま放置されたり、申し込みをキャンセルしたり、入金を忘れる可能性が出てきます。

それを極力防ぎ、入金率をあげるためにサンクスページを用意します。

クレジットカード決済でも用意してあげればお客さまも気持ちいの良い状態になるのとちゃんと申し込みが出来たと安心しますので用意しましょう。

具体的には、このような内容になりますので、
真似して書けば大丈夫です。(サンキュウメールも同じ内容で書けば大丈夫です。)

サンクスページの例

『●●』への参加、本当におめでとうございます。

商品到着まで楽しみにお待ち頂ければと思います。

今回あなたは『銀行振込み』での参加を
選択されたと思います。

先ほどメールでもお送り致しましたが
振込先は以下になります(参加費9800円)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたの銀行口座の詳細

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

平日でしたらすぐに確認ができますので
1〜2日で登録されたメールボックスに
●●のレポートをお届けします。

土日を挟む場合は確認ができませんので
3日ほどでメールでお届けできると思います。

※万が一3日経過しても届かない事がありましたら
下記の私の個人アドレスまでご連絡下さい。

私の個人メールアドレス:
○○@○○.com

何かご不明な点等ありましたら、いつでもご連絡ください。

この度は誠にありがとうございました。
今後共よろしくお願い致します。

あなたの名前

これでセールスレターは完成になります。

セールスレターを書く上で大事なこと

今回は初めてセールスレターを見る方に向けての構成なので、すでにあなたのことを知っている場合やリピーター向けての書き方は変わってきますが、基本的には同じです。

ただセールスレターを書くで大事なポイントをまとめます。

  1. 商品のリサーチ
  2. 自分自身または販売者のリサーチ
  3. 顧客のリサーチ

ブログやセールスレターを書けないという相談をいただきますが、それは単純にリサーチ不足ですので、上記の3つをしっかりリサーチすれば大丈夫です。

またリサーチする際もこの記事の書いてある要素を見ながら書き出していけば、自然にセールスレターになるフレーズが埋まっていきます。

ぜひブックマークしていただき今回の記事の内容を活用してください。

セールスライティングを学ぶのにオススメの本9選

僕がセールスレターを勉強する上で読み漁った本や今も読んでいる本をまとめておきます。

セールスライティング・ハンドブック

人を操る禁断の文章術

ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則

全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人

10倍売れるWebコピーライティング

究極のセールスレター

営業マンは「お願い」するな!

影響力の武器(実践編)

あと現代広告の心理技術という本は、ぜひ読んでみてください。

インプット用の書籍は以上です。まだいい本はありますが、ここにある書籍と今回ご紹介したテンプレートの内容を実践していただければ費用対効果が安すぎる投資になるはずです。

WordPressで綺麗なセールスレターを作成できる便利なツール

WordPressで綺麗なセールスレターを
作成したい方は、この2つのどちらかを
使われるといいです。

私が作成する時は、全部WordPressで
どちらかのソフトを使って作成しています。

かなり使いやすくデザイナーの方に依頼する費用なども節約できますので、WordPressで綺麗なセールスレターを作成したいのでしたら、もっておきましょう。

まとめ

今回の記事をまとめます。

セールスレターテンプレート
  • キャッチコピー
  • 問題の明確化(恐怖と痛み)
  • 欲求の明確化(問題が解決する)
  • 自己紹介
  • 物語
  • 証拠の提示
  • お客さまの声
  • 商品説明
  • ボレット
  • 金額と理由
  • 特典
  • 保証
  • 限定性
  • 申し込み
  • 追伸
  • サンクスページ

セールスライティングは人間心理の塊ですから、悪用することはオススメしませんが、インターネットを活用して収入を得るために学んでおいて損はありませんし、今日の内容を実践して行動していけば結果が出ると思います。

おそらく1000人くらいが記事を読んでくれたとして行動する人は3人くらいですので、行動するだけでトップ5%になれます。

セールスレターを書ける様になるコツはとにかく真似をすること。

  • スワイプファイルを見ながらテンプレートに合わせて書いてみる
  • 本を読みながらさらに書く
  • 自分の商品やランサーズなどで案件を受注する

これの繰り返しです。

セールスレターは書けば書くほどドンドン上達しますので、楽しんで一緒に頑張りましょう。

 

スポンサーサードサーチ
スポンサーサードサーチ
セールスレター

今回の記事がお役に立ちましたら応援シェアして頂けると嬉しいです。今後も良いコンテンツを作れるように頑張りますのでよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA