【初心者向け】仮想通貨って結局なんなの?

こんにちは、佐藤です。

今日のテーマは、仮想通貨のお話をします。

私はインターネットを使った仕事を
本業としています。

こちらをテーマに、
時間的な自由、経済的な自由、精神的な自由を
達成できることなら、なんでもチャレンジをしています。

私は、当時2017年ごろ
仮想通貨というものに目を向けました。

あなたは、仮想通貨と聞くと
どんなイメージが浮かぶでしょうか?

・なんかよく分からない
・怪しい、怖い
・難しそう…

などが、浮かびますでしょうか?

はっきり申し上げると、
ものすごくもったいないと思います。

なので今日は、まず、
カンタンな説明をしていきます。

仮想通貨というのは、厳密には違いますが、極論を言うと「お金」と同じです。

とは言っても世界初の仮想通貨である
ビットコインが生まれた時は、
使用用途もなくお金としての信用もありませんでした。

しかし、フロリダのプログラマーが
ネット上でピザと交換する取引が成立したことにより
データに過ぎなかったビットコインが価値を持ちました。

この時の価格は「ピザ2枚=1万BTC」だそうです。
もし、今も持っていれば、大変なお金持ちです。笑

ちなみに、仮想通貨界隈では、
ビットコインではじめてピザとの取引が成立した日、
5月22日がビットコインピザの日として記念日扱いです。笑

私自身、興味のあるものは調べる性格ですので
2017年より色々と調べてきました。

ざっくり簡単に要約すると

・取引所で購入できる
・仲介人がいないので、手数料が安い
・すでにビットコインで決済ができるお店がある
・国境関係なく、誰でも自由に取引ができる

私が目をつけたのは、手数料のところでした。

一般的に私達が扱うお金(法定通貨)というのは、

・銀行
・証券会社
・国

という仲介がはさまります。

特定の政府や機関が管理する法定通貨は
中央集権的な仕組みによって運営されています。

どこかの組織がきっちり管理している、
ということです。

しかし、

ビットコインは間に人や機関を必要としません。

要するに管理者がいないのです。

ですので、誰でも自由にネットで
取引を行うことができます。

実際、日本から海外送金をする場合は、
機関を挟むので、「送金手数料が高い」
「時間がかかる」というデメリットがあります。

さらに、何かしらの理由をつけて、
送金自体させてもらえない、ということも
頻繁に発生してしまいます。

しかし、ビットコインは
その問題を全てクリア出来るのです。

・手数料が安く
・数時間で海外等に送金できる
・しかも誰の許可も必要ない

私は、この時に感じました。

「私達、人間は便利なものに遅かれ早かれ
 流される生き物だから、これはチャンスかもしれない」

そう直感で感じた私は、
ビットコインを2017年から勉強・投資をし始め
自分のコミュニティを作って教えたりしてきました。

ただ、ずっと仮想通貨を勉強していたか?
と言いますと、自分の生活やビジネスもありましたので
少し距離を置いてきた時期もあります。

ですが、最近「ある仕組み」が普及し出したのを見て
間違いないのない可能性を感じ、完全に仮想通貨の方に
舵を切り出しました。

これは、きっと私達の未来に
大きな可能性を残すものになる

と思ったのです。

この世界にインターネットが生まれたのと
同じくらい強烈な可能性だと感じています。

いや、それ以上の衝撃を、
近い将来、世界に与えるに違いありません。

今後も私なりに勉強して感じたことを
シェアしていきたいと思います。


最後までご覧いただき
誠にありがとうございました。

スポンサーサードサーチ
スポンサーサードサーチ

今回の記事がお役に立ちましたら応援シェアして頂けると嬉しいです。今後も良いコンテンツを作れるように頑張りますのでよろしくお願い致します。

今回の記事の感想を下記のコメント欄に残していただけると嬉しいです!