【公開コンサル】Google AdSenseと電子書籍について

Google AdSense

今回の質問内容はこちらになります。

 

ブログに仕込むクリックできる
自分の口座に入金できる方法
(どこに手続きして、
どのような仕込みをすればいいか)です。自分はアメーバブログを
一つだけ持っていて30記事位あります。アクセスが5から最高35くらいあることがあります。
5年前に仕込んだ内容を一度も追加していませんが。次に、電子ブックについては、
出版を想定した短編を二つほど持っています。
これをどのように加工して、
世に出す方法について知りたい。

それではご質問にお答えしたいと思います。

目次
1:Googleアドセンス
2:アメブロにアドセンスはOKか?
3:電子書籍について

1:Googleアドセンス

まずブログに広告を仕込み広告がクリックされると自分の口座に入金される仕組みですが、これは、Googleアドセンスを使うことで解決することが出来ます。Google AdSenseとはブログに訪れたユーザーに対してユーザーの属性にあった最もクリック単価の高い広告を出してくれるものです。

例えば美容系のサイトや広告をクリックしている人に対しては美容系の広告を出してくれます。

この広告をクリックするとGoogle AdSenseに登録しているサイト運営者に対して報酬を支払ってくれる仕組みになります。

AdSenseに関しては AdSenseヘルプセンターの内容を一度読み込んでおきましょう。

2:アメブロにアドセンスはOKか?

こちらの質問者の方は
アメーバブログで運用しているみたいですが、

残念ながらアメーバブログでは、
AdSense広告を貼ることは出来ません。

アメーバブログでは最初から
広告を表示していますが、

この広告がアメーバブログの収益モデルと
なっているからです。

なので、アメーバブログを収益化するためには、
楽天アフィリエイトやAmazonアフィリエイトで
収益化するか、別のブログに飛ばし、

見込客を獲得するか、
自分自身で作成したYouTube動画を
アメブロに記載し、YouTube AdSense
広告収入を得るかになります。(*ただしアメブロにYouTube AdSenseを使用したYouTube動画を使用していいかどうかは明確な基準がありませんので、こちらは自己責任でお願い致します。ちなみに私でしたら明確でないものはやりません。)

また、しっかりとしたブログ運営をされたい場合は、
WordPressでのブログ運営をオススメ致します。
WordPressで運営する場合は、
WordPressインストール方法を参考にしてください。

当然ですが、しっかりとした
記事更新をしなければ、1日10アクセスとか
30アクセスのままなので、

目標の収益が書かれていませんが、
恐らく、現状のままでは
月に1万円も稼ぐことは難しいと思います。
(他になにかをされている場合は、この限りではありません。)

3:電子書籍について

私も書籍を出していますが、
電子書籍には、

Kindleダイレクトパブリッシング

楽天KOBO

等があります。
*現在、私はAmazonKindleしか出版しておりません。

電子書籍を出すためには、
「epub」と呼ばれる拡張子に変換する必要があります。

Macのpagesというソフトなら
そのままepubに変換出来ますが、

Wordからepubに変換するためには、
Romancerというサイトを活用すれば
epub形式にすることが出来ます。

epub形式にするメリットとしては、
全ての電子書籍ストアで出版が可能になるのと

ユーザーにとって読みやすいので、
出版される際は、epub形式で出版することをオススメします。

今、どこまで書き上がっているかという事と、
どのソフトで書かれているのかがわかりませんので、

Windowsの場合は、Wordから
Macの場合は、pagesから
epub形式に変換してから

それぞれのサイトの出版方法に従って
出版するようにしてください。

また電子書籍出版の方法に関しましては、
お時間がある際にコンテンツにまとめようと思います。

 


あわせて読みたい


 

【公開コンサル】将来が不安な方必読!自分の力で稼ぐ9ステップ

【公開コンサル】コンテンツ作成6ステップと9種類の媒体

【公開コンサル】サイトアフィリで月10万からのビジネスモデル事例

【公開コンサル】肌荒れについての質問回答と腸内洗浄のステップ

【公開コンサル】4段階に分ける目標設定の技術

Google AdSense

1 個のコメント

  • 古賀 より:

    佐藤康大さん

    ご親切な回答ありがとうございます。

    あまり理解できませんので、内容を保存し、勉強してみます。

    ところで、電子書籍というものは、今後紙を超えてシェアが拡大していくとも
    聞いています。

    だいたい、何ページ位に仕上げる必要があるものなのでしょうか?

    ご親切な回答に感謝します。佐藤さんは長崎で寿司職人されていたこと、福岡でお会い
    しており、存じております。ご活躍のよし、すごい努力をなさったことと存じます。

    私は現在、年金+非常勤講師で生計を立てていますが、インターネットビジネスにあこがれ、機会あれば参入したいと機を伺っています。

    息子は35歳で歯科医師をしていますが、私はその教育の過程で大きな借金をしています。

    それで生活は楽ではありません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    佐藤康大

    ◆著者略歴 KOUDAI SATO(佐藤康大) 1985年6月8日生まれ:長崎県出身 プロダクトローンチ等のWEBプロモーションライター :速読コンサルタント:読書家:マーケッター兼コピーライター:1枚のセールスレターで億を売り上げるAmazon作家:500名以上の会員の方々にインターネットビジネスの指導経験と全国47都道府県のセミナー講師。ホームレス、バイト、会社員を得て起業。その後、企業や個人に対するビジネスアドバイザーや作家、コンサルタントとして活動。ポリシーは知識と努力は裏切らない。趣味は読書:カラオケ:ギター:ニコニコ生放送:執筆とオーディオブック、ハーブサプリとトレーニング。AmazonのKindleで24冊出版中